妊活中に必要な栄養素は様々なものがありますが、意識して摂取したい栄養素が葉酸です。葉酸は特に妊娠初期に必要な栄養素です。

胎児の臓器を作るのに必要な栄養素である上、体調を整えるのにも必要となってきます。妊娠したことがわかった後に慌てて摂取するのではなく、妊娠前から飲んでおくことが胎児のためにも、体調を整えるためにも大切です。

妊活中から葉酸を摂取する理由

妊活中から葉酸サプリを飲んだ方がいい理由はいくつかあります。妊娠したことを自覚するのは、通常妊娠2〜3ヶ月に入ってからというケースがほとんどです。エコーで確認しても胎児は豆サイズですが、この状態でもすでに様々な器官の形成は始まっています。

この時期を絶対過敏期と言いますが胎児にとって一番重要な時期ともいえ、心臓や神経などの重要な臓器が作られる時期になります。器官形成には細胞の分裂が必要不可欠で、細胞分裂の核となるDNAを作る酵素をサポートするのが葉酸です。

つまり葉酸の量が少なければスムーズに細胞分裂することができなくなり、正常に成長できずに胎児にも影響が出てきてしまうのです。妊娠はすぐにわかるものではなく、重要な時期に葉酸量が少なければ胎児に悪影響が出てきてしまうため妊娠をしていない妊活中から葉酸サプリを飲んでおくことで胎児への影響を減らすことができます。

また、妊活中から体調を整えるのにも葉酸は役立ちます。妊娠前から意識して葉酸を摂取することで体調の維持にもつながります。体調が悪くなってから飲むのではなく、あらかじめ飲んでおくことで体の準備が整います。このような理由以外にも、葉酸は貧血を予防するなどの効果もあります。

葉酸が不足してしまうと

葉酸不足が胎児に悪影響があることがわかっているため、厚生労働省でも葉酸サプリでの葉酸の摂取を推奨しています。母体の葉酸不足は特に脳につながる神経系の障害が起こるリスクが高くなります。妊娠初期に不足してしまうと、胎児の神経組織が正常に発達しなくなるため大脳が欠損または縮小する無脳症や脊髄が皮膚の外に飛びだしたり脊椎の一部が左右に分かれてしまう二分脊椎などの神経管欠損症や神経管閉鎖障害と言われる状態で赤ちゃんが生まれる可能性があります。

近年では、ダイエットをしている女性や偏った食生活をしている女性が多くいます。そのため葉酸不足になっている女性は少なくなく、葉酸は妊娠前から十分に摂取することが望ましいため妊活の段階から葉酸サプリを摂取することが子供の先天性障害を防いだり、障害があることで中絶してしまうという事態を防ぐことにもつながっていきます。

もちろんほうれん草やブロッコリー、アスパラガス、レバーや卵黄など様々な食品から葉酸は摂取することが可能です。意識して葉酸の多く含まれている食品を摂取することも重要ですが、残念ながら食品だけで推奨される葉酸量を摂取するのは難しいとされています。

効率的に摂取するためには、サプリメントが最も効率的です。

男性の妊活にもオススメ

胎児のことを考えるとやはり女性が取り入れるもの、というイメージの葉酸ですが、葉酸は女性だけではなく男性も妊活中に摂取することをオススメします。男性の妊活というと精力を高めることやストレスを溜めないようにするなどが挙げられますが、精子の質を良くするということも重要です。

不妊は男性側にも原因があるケースはよくあります。丈夫で健康な赤ちゃんが欲しい場合には、女性だけではなく男性側もきちんと体をケアして調子を整えていくことが必要となってきます。男性も葉酸サプリが必要な理由としては、細胞のDNAを作るのに葉酸が関わっているからです。

男性が葉酸不足になると精子の染色体異常を引き起こしてしまうリスクが高まります。きちんと葉酸を取っていれば精子の染色体異常を抑えることができます。特にお酒を飲むことが多いという場合、葉酸不足になっている男性も多いため意識して葉酸サプリを飲むことがオススメです。

葉酸は水溶性のビタミンですので、お酒を飲む機会が多くよくトイレに行く人は葉酸が腸で吸収される前に尿と一緒に排出されてしまいます。

それを防ぐためにも、サプリメントを飲みながら野菜や果物を意識して多く食べるようにしていきます。

葉酸の効果

葉酸を摂取することは、胎児の健康を守ることにもつながりますが、それ以外にも様々な効果を期待することができます。細胞分裂をサポートするだけではなく、血液を作る働きもあります。不足すると血液の中で酸素や栄養を運ぶ赤血球が成長しきれずに巨赤芽球と呼ばれるものが増えていきます。

そうすると赤血球自体が少なくなっていき、体に十分な酸素や栄養を運べなくなってしまいます。これが貧血や酸欠へとつながっていき、血行も悪くなり体も冷えて妊娠しにくい体にもつながります。また、妊娠したとしても妊娠状態を維持できずに流産してしまうリスクも高まります。

子宮の健康を守るためにも葉酸は必要です。胎児を健康に育てるためには子宮が病気にならないように、免疫力を高めることが必要となってきます。子宮の働きが弱いと病気の進行が進み、がんや不妊などを引き起こしやすくなります。

それを防ぐには体を温めて自己免疫力を高める必要がありますが、自己免疫力を高めるためにもしっかり摂取していきます。胎児の健康や自分の健康を守るためにも、厚生労働省で推奨されている葉酸量は400μgを取り入れると良いとされています。

食事から取れる量を考えてサプリを摂取することが大切です。

葉酸サプリの選び方

妊活中から毎日飲む必要のある葉酸サプリを選ぶ場合には、いくつかポイントがあります。まず気にしたいのが葉酸の種類です。葉酸にはポリグルタミン酸型とモノグルタミン酸型がありますが、ポリグルタミン酸型は体への吸収率が悪いため注意が必要です。

できれば吸収率の良いモノグルタミン酸型のサプリを選ぶ方が良いため、どのタイプなのかをあらかじめチェックしておきましょう。飲みやすいかどうかも重要です。妊娠すると体質が変化してニオイや味などに敏感になるため、粒の大きさや形なども考慮して選んでいきます。

また、葉酸以外の栄養成分もチェックします。ミネラルやカルシウム、鉄分など妊娠中に不足しやすい栄養素も配合されているものがオススメです。そのほか、続けやすい価格かなども総合的に考えて選んでいくことが大切です。