今、妊活をされている方は多くいますが、こうした妊活中には葉酸が必要だということが世間では大いに叫ばれています。このような情報は単なる噂ではなく、実は厚生労働省も推奨していることです。たとえば、妊娠をしている母体にこの葉酸が不足してしまうと、お腹の中にいる大切な赤ちゃんの命にも深刻な状況を招く可能性があります。

妊活中には、最適な葉酸の種類や摂取量などの情報も必要です。

妊婦の体に必要十分な葉酸を摂取することで胎児の先天異常のリスクを大きく減らすことができる

テレビや新聞、あるいは雑誌などでも葉酸という言葉は頻繁に使われていますが、これは水溶性ビタミンでビタミンB群に属し、植物の葉の部分に多く含まれている成分です。その特徴は黄色結晶で光や熱に不安定な物質であるということが分かっています。

もちろん、食材にも多く含まれていますから、極力自分でそういう食材を選んで摂取することもできるわけです。しかし、食事を通して葉酸を体に摂り入れるのはかなり難しいと言えるでしょう。なぜならば、食材から摂り入れるとなれば、当然のことですが熱を加えることになります。

葉酸は熱にも弱いという特質から、実際に口の中に入るときには消滅してしまう恐れもあるわけです。最近ではこの葉酸が妊娠中の女性には必要不可欠な成分であるという情報も出てきました。その理由は、葉酸には細胞の生産や再生を大いにサポートする働きがあるということが分かったからです。

細胞の分裂や成熟を大きく左右するために、特に胎児にとっては重要な栄養成分になります。ですから妊婦が葉酸を十分に摂取することは重要であり、胎児の先天異常のリスクを大きく減らすことができるわけです。世間では既にこのような情報が流れていますが、厚生労働省でも妊活中にこの葉酸の摂取を推奨しています。

特に妊活や妊娠中の母体には葉酸を多く含む食材だけではなくサプリメントでの摂取もおすすめ

葉酸という言葉は既に多くの方が目にしたり耳にしたりしています。この成分が欠乏すると巨赤芽球性貧血を引き起こしたり、動脈硬化のきっかけにもなりかねません。当然のことですが、妊娠中の母体では胎児の神経管閉鎖障害や無脳症を引き起こしやすくなってしまいます。

妊娠をしていなければ、できるかぎり葉酸を多く含む食材を選んで食事をしていれば極端に不足することはありません。しかし、成長期の子供の体では葉酸不足による巨赤芽球性貧血が起こりやすくなると言われています。ましてや妊娠中の母体では葉酸は必要な栄養になりますから、妊活から妊娠、そして産後は普段より多くの葉酸が必要になるわけです。

現代人はよく野菜不足だと言われることが多いですが、食材の中でも葉酸を多く含むものは野菜になります。特にホウレンソウやシュンギクなどの葉物には多く含まれ、他にも納豆や牛レバーなどに多く含まれていますから、こうした食材を意識して食することも必要でしょう。

しかし、前述したように食材に含まれている葉酸は安定が悪く、調理をすることで利用できる成分が減らされてしまうということもあります。こうしたことから、妊活や妊娠中に必要な量の葉酸を摂取するときには、サプリメントを選ぶこともおすすめです。

サプリメントならば、手軽に必要量を摂取することが可能になります。

厚生労働省が推奨する妊活や妊娠中に摂取しなければならない葉酸の量

葉酸は細胞の分裂や増殖を助け、体の発育を促進するという働きがありますので、妊活や妊娠中の母体には必要不可欠な成分になります。

これは厚生労働省でも推奨されていることで、正しい摂取量というものも出ているわけです。

厚生労働省では、妊活をしている女性は1日あたり400μgの摂取を推奨し、妊娠中の女性は1日あたり480μgの量の摂取が必要だとしています。

さらに葉酸には血球を作り出すという造血作用もありますから、出産後の母乳時期には1日あたり340μgの葉酸の摂取を呼び掛けています。特に妊活や妊娠中に葉酸を必要な量だけ摂取するためには、葉酸を多く含む食材を食するだけではなく、サプリメントからの摂取方法が効果的になります。

サプリメントならばいつでもどこでも、必要な葉酸をきちんと一定量摂り続けることが可能です。厚生労働省でも妊娠の可能性がある女性に対しては、サプリメントから葉酸を摂取するようにすすめています。確かに普通に生活をしている体であれば食材からの摂取だけでも十分なのですが、妊活や妊娠中では必要量が違いますから、適切な量を摂るためにもサプリメントがいいでしょう。

アメリカやイギリスでは早くから妊娠中の女性に葉酸サプリメントを推奨してきた

とかく現代人は毎日忙しく時間を過ごしています。そのために生活習慣というものも大いに乱れてしまうこともあるようです。たとえば、睡眠不足や偏った食事などで体を壊してしまうこともあります。そこで注目されてきたのがサプリメントです。

サプリメントで不足している栄養素を手軽に摂取することができますから、現代のサラリーマンやOLの方たちにはかなり重宝がられています。妊活や妊娠中の女性にも、このサプリメントで母体に必要な葉酸を摂取することが推奨されているわけです。

サプリメントと言えば、アメリカやイギリスなどの国ではここ日本よりも早くから妊娠中の女性に葉酸サプリメントの摂取を推奨してきました。その結果、これらの国では赤ちゃんの先天性障害の発生が極端に減ったと言われています。

生まれてくる自分たちの子供に望まない影響を与えるというリスクを考えれば、やはり妊活から妊娠、そして授乳時期にも必要と言われる葉酸を摂取したいものです。一方、日本ではこうした栄養不足によって、胎児に影響を与えてしまうというデータも出ています。

その主な理由は高齢出産や偏食からくる栄養不足だと言われているわけです。

妊活や妊娠などで葉酸をサプリメントで摂取するときにはその量は必ず守ることが大切

妊活中から妊娠中、また産後まで葉酸サプリメントの摂取は推奨されていますが、そのためにも安心して飲み続けられる安全なサプリメントが必要になります。ですからサプリメントの選び方もここでは重要になるわけです。

サプリメント選びで一番注意したいことは、その商品の販売者は安心できるところかどうか、そしてそこでは本当に万全な生産体制が整えられているかどうかを確認することが大切になります。それからもちろん、栄養がバランスよく配合されているかという点も重要です。

人の体には必要な葉酸ですが、その摂取量にも十分に注意しなければいけません。葉酸を過剰に摂取することで健康に害が起こることも大いにあります。食材から摂取する場合にはそうした心配はないのですが、手軽なサプリメントでの摂取では特に注意したいところです。

葉酸を必要以上に摂取した場合には、神経障害や発熱、吐き気、発疹、むくみ、不眠、頭痛、皮膚炎などが起こる可能性があります。こうした症状を起こさないためにも、1日の葉酸摂取量は必ず守ることが必要です。